外道ニコマスPのくされ部屋【続】

アクセスカウンタ

zoom RSS 二番バッター

<<   作成日時 : 2010/04/09 23:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

少年Pです。
今日はお休みです。というか体調を崩しまして休んでしまったというのが正確なところです。
「寝てろよっ」というつっこみはあろうかと思いますが、元気なときは元気なときでそれなりにやらなければいけないことがあるので。(←うそです)


賛否両論の『さよならメモリーズ』ですが、私が言うのも変ですがおかげ様でたくさんの方々に見ていただき本当にありがとうございました。
この動画を一緒に作ったトカチさんDSさんが作っている時の話などいろいろ書いてくれているので、私も一応制作に参加した者として少し書いてみたいと思います。


【合作するきっかけ】
おそらく私が何気なしにトカチさんのこの記事にうっかり「作りませんか?」とコメントしたことがトリガーになったようです。(本当に作ることになるとは思ってませんでしたw)
ではなぜ、私が「作りませんか?」と手を挙げたかというのは、「合作」というのをしてみたかったというのもあります。でも、一番大きな理由としては、

「ああ、きっとこのネタではこの曲のMADは作れないだろうな」

と思ったからです。
「なにそれ?」とか思われそうですが、トカチさんの記事からこの曲を初めて聴いてみて、すごく素敵なメロディーと歌詞だったのですが、「この曲でダンスは使えないですぜ、旦那」と思いました。そこへもってきて6分もある曲です。どう頑張ってもダンスが使えそうな部分は2回のサビだけ。あとの部分は、伸ばす音が多いのでダンスに合わせるのは難しいと思いました。「残り5分間をコミュ素材だけで乗りきれんのか?」てな感じです。
まあ、ここまででやめておけば、「大変でしょうが頑張ってく作ってくださいね☆」となったのでしょうが、記事の前半で

「ストーリー系だと少し技術的にはハードルが下がる気がします。」

「ただ凛として」や「巨大獣」で散々苦労した私は
「ちょ、なんですと?」
と思ってしまいました。
トカチさんは含む所は全然なかったと思いますが、あほな私は
「そこまで言うならこの絶対作れない曲で一緒に地獄へ行くかい?」的な感じで、手を挙げてしまったわけです。(よくわからんw)


【担当割】
初めての打ち合わせのとき、トカチさんから「絵師さんを確保しました。DSPです」と紹介されて、「おおー」とか言ってましたが、ニコマスをあまり知らない私は「どちらさまでしょうか?」てな感じでした。その後、DSさんが描かれた絵を見て生意気ながら「この方の絵はこの曲に合うのだろうか」と正直思いました。しかし、あほな私の想像を遥かに越えた素敵な絵を描いてくださって、「DS先輩、すんませんでしたぁ」と猛省した次第であります。絵師さんって本当にすげーなーと感心するばかりです。

さて、動画の担当割ですが、トカチさんが作ってくれたα版の字コンテをベースに打ち合わせをしたのですが、「この曲はどの部分を担当することになっても地獄確定」と思っていた私は、「オチの部分はトカチさんで。あとはどこでもやりますよ☆」と優等生的な感じでトカチさんにおまかせしました。
数日後、α版の字コンテに担当割が追加されたファイルが届きました。
どうやら、私の担当する部分は、Aメロ1・サビ1・サビ1→Aメロ2の間奏・Aメロ2・Bメロ2・Cメロの約2分半。
「ちょ、こんなにたくさん作るんですか?」と思ったのですが、先に「どこでもやりますよ☆」と言った手前、今更とやかく言う筋合いでもなく。サビ1を割り当ててくれたのは、トカチさんのせめてものご配慮だと思います。(ダンスが使えそうという意味で)

あらためて担当割を眺めながら、「こりゃ本当に困ったぞ」としばらく途方に暮れてました。この曲は歌詞が具体的で、私のような「歌詞ベタ」な作りをする者にとっては本来は非常に作りやすいのですが、具体的すぎるのも困りものです。そのままを映像化しなければならないからです。私の作り方は、「歌詞の隙間のイメージを映像にしてなんかよくわからないけど雰囲気だけで押す」というものなので、あまりに具体的な歌詞だと本当に厳しいです。

全く映像が降りてこない日が数日続くと、「キツイ部分ばっかりだなぁ」とやさぐれていたのですが、もう一度担当割を見直して考えました。

この担当割を野球の打順に例えると
1番 トカチP+DSP
2番 少年P
3番 トカチP
4番 DSP

これはトカチ監督からの「繋いでクリーンアップまで回せ。後はまかせろ」というメッセージだと思いました。

そこまで言われたら(というか、勝手に思い込んだわけですがw)、やらないかんでしょ、ということで、とにかく「自然な形で繋ぐ」ということを意識して作りました。しかし、簡単に繋ぐといってもかなりのプレッシャーです。見てくれる方を最後まで案内できるかどうが本当に不安でした。
歌詞とトカチさんのイメージに映像をはめ込んでいき、全体の流れを途切れさせないように作ったつもりです。なので、特に映像的に派手なことは一切していません。(まあ技術的にできないというのもあるのですが)


【動画の作りについて】
先にも書いたとおり私の作った部分の動画の作りについては、派手なことをしているわけではありません。むしろ、見ている皆さんがさらっといけるようしたつもりです。6分もある動画なので、少し引いた感じで作りました。ずっと訴えかけてくる動画は見るのが疲れますからね。
あと、トカチさんやDSさんのところで、作り手からのストーリーを具体的な形で表現することはわかっていたので、私の部分はいつものように「見てくるれる皆さんになげっぱなし」的な感じで作りました。見てくれる皆さんそれぞれでストーリー展開できるように作ったつもりです。
私が作った部分は風景的なものなので、特に春香さんに対する感情はありません。そのへんは見てくれた皆さんにおまかせしますw
風景動画と言えばkenjoさんの作品ですが、激しくパクらせていただきましたwすいませんw


【合作を終えて】
私はトカチさんから与えられた部分を淡々と作っていくという作業だったので、幾分楽だったと思いますが、総括のトカチさんやトドメ絵担当のDSさんは本当に大変だったと思います。(一番ぶーぶー言ってたのは私ですがw)
結果的には、作った3人の想像を遥かに超える再生数やマイリストをいただきました。本当にありがとうございました。3人それぞれが頑張ったからかなと思います。
個人的に心残りなことは、DSさんとのからめなかったことですかねぇ。次があればぜひからんでみたいものですw
あと、私の作った部分で批判的なコメントを結構いただいたことは、トカチさん、DSさん、そして見てくれた皆様に申し訳ないと思っております。すいません。


トカチさん、DSさん、一緒に作れて本当によかったです。ありがとうございました!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
技術的にハードルが下がるってのは視聴者視点の話ですね。同じ技術で作ったとしても、ストーリー系の方が評価を受けやすいから、あまり大変な事しなくても大丈夫という意味ですね。評価のハードルは下がるけど、制作者側からすれば、技術レベルが下がっても逆に生み出すのは大変なんですけどねw
超絶技術は必要ないよってことですね。

もちろん、後は任せろって思ってはいましたよ。
出来ないって言ったら全部カバーするつもりでした。
でも、少年Pの所がかなり良い出来だったので、逆に自分のところはこれで大丈夫なのか不安になりましたよ(笑)

あと、自分にダメージのあるようなコメントは黙ってNGIDですよ!こう言ってる自分も結構ダメージくらってますけどねw気にしない事が一番です。
トカチP
2010/04/10 08:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
二番バッター 外道ニコマスPのくされ部屋【続】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる