外道ニコマスPのくされ部屋【続】

アクセスカウンタ

zoom RSS 掟やぶりの逆語り

<<   作成日時 : 2009/03/18 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「藤波か!」なPこと少年Pです。

以前にも書いたのですが、RDG(爽快P)様主催の「あっさりレビューしてみm@ster」に問題作「クリアレイン」で参加しておりました。
おかげさまで、たくさんの「語り」をいただき本当に感謝・感謝です。

というわけで、「あっさりレビューしてみm@sterでいただいた語りについて少年Pが語ってみる」という無謀な企画(?)で今日はやってみたいと思います。
(「提出者がお気に入りのコメントを3つ選びなさい」ということだったので、3つ選ばせていただいて主催者様へ送信済みです)


○ショコラ様
「真っ先に感じるべき所は「今は一人で歌える」と言った時の、そして「千早ちゃん!」と声をかけられた時の千早の表情、心情。後悔と達観と希望がつまっている。」

→終盤の千早が言っているであろう言葉は、自分で作りながら「さぶい」と思ったくらいさぶいので、この部分を語っていただくとちょっと恥ずかしいです。かなり苦し紛れに言葉を入れた言葉なので。


○cha73様
「降り注ぐもの 雨。ぬくもりの記憶が今の心に降らせる冷たい雫。光。失った輝きを欲しがる弱い心に刺さる刃。声。そこに春香がいる証明。笑顔。歌うことの喜び。未来。無限の可能性。」

→ちょっときれいにまとめすぎです(笑)cha73様は長文もいけるし短文のキレもすばらしいです。マラソンもいけるし100mも速いみたいな。


○ot02070様
「これで伸びなきゃ何が伸びるんだよって感じ。鳥肌の連続。素晴らしい作品をありがとう。」

→本当に恐縮です。こちらこそ「ありがとうございます」な感じです。作り手側としてはせっかく作ったものなので伸びてほしいというのは本音ですけども、こういう思いで見ていただいている方がいてくれるのは本当に感謝しなければならないことです。ありがとうございます。


○zeit様
「後半から はるちはの物語として理解されるのだけど、実は歌詞しか手がかりのない前半が好き。そこでは春香は実在せず、ただ千早の心の声としてあるのだろうところ。」

→作った本人も、前半のほうが好きです。後半はかなり「いてまえ打線」的にやっつけたので。ただ、皆さんからいただいた語りを総合すると、前半はわかりにくかったようですが。


○グレゴール様
「いろんなことを考えました。千早のこと。自分自身のこと。見た者から、想いを引き出す何かがあると思いました。それがなんなのかは、自分でもよくわからないのですが、見れて良かったと、痛切に思います。」

→「僕の存在の証明」という歌詞。誰もが一度は考えることですが、年を重ねるにつれて、あえて考えないようにしてしまう。私もそうですが。そういう思いをこの動画をきっかけにしていただけたのなら本当に作り手冥利に尽きます。


○ハバネロ様
「千早の、春香を失った痛みをひしひしと感じさせるのに、最後の一瞬でそれを吹き飛ばす爽快感がたまらないです。ラストの表情にすべてが集約されている感じ。」

→作っているときに「失う」という言葉には非常に抵抗がありました。動画中で経緯を描かずに「失った」というのは非常に乱暴な表現だと思いましたが、見てくれた方がラストの振り向きでそれが吹き飛んだと思っていただけたのなら救われた気持ちです。


○悪来(仮)様
「千早の独白までストーリーが良く分からなかったが「春香がいない」ということ、それを踏まえて見ると何ともいい味が出てくる。寂しさと悲しさを表す雨は春香の呼びかけと共にきっと降り止んでいることだろう。」

→やっぱり前半はわかりにくかったですねぇ。もう完全に私の世界なんで。ただ、それにもかかわらずもう一度見ていただけて本当にありがとうございます。私としては「雨」は降り続いてもいいのかもしれないと思います。「恵みの雨」という表現もありますから。

○damehumanoid様
「静止画で魅かれたのは瞳。ダンスシーンで魅かれたのは光。そして時の流れをなぞるような残像。 これらの散ってしまった要素を歌と字幕が綴り、最後のワンシーンが全てを是に変えた。すっきりしないからこそいい作品。」

→この曲でやってみようと思ったときにまず映像として頭に浮かんだのは「千早の部屋であろう青い部屋で佇むの図」でした。こういうのも変ですが私も好きです。「すっきりしないからこそいい作品」というよりも「すっきりしない部分を補完してくれる、見てくれた方々の想い」がGJです。


○RDG様
「何度か繰り返し見ていくことで色々な発見のあるスルメ作品.要所要所での演出やエフェクトの意味の理解度がだんだん増していく.押し付けがましくない演出はバランスも良い.」

→しょもない(私の地方だけの言い方ですか?「味気ない」という意味です)作品を味が出てくるまで見ていただいてありがとうございます。たぶん「増していく」のは見てくれた方々のココロのなかで広がる世界なのかなと思います。というか作り手としてそうであってほしいです。素敵な曲のおかげです。


○婿固め様
「「はるちは」については多くのPが今まで追い求めた概念なんだけど、それを確たる言葉に乗せてアウトプットした意味は計り知れないと思います。賞賛と拍手を送りたくなります。」

→「賞賛と拍手」など御勿体無いです。この動画の世界はパクリなんで(笑)。そのお気持ちだけ有難く頂戴いたします。ありがとうございました。


○karsu_01(鴉)様
「個人的には綺麗だけれど考えすぎたような作品。何処かにストレートに伝えるモノが欲しかった。それがラストの千早の振り向きざまの笑顔だったのは締めとしては素晴らしかったが遅すぎた気もした。」

→おっしゃるとおりです。たいして考えたわけでもないのですが、私の表現力のなさだと思います。作り手が不甲斐ない分、見ていただいたみなさんが補完していただけると幸いです。


○だらんでろん様
「あめのちはれ 雨の日のことを想うには、晴れの日がなければいけないんだと思う。 雨しかない世界では、雨の意味が消えてしまう。たった一人で、その存在を証明するのは難しいから、二人でよかった。」

→人間という生き物は悲しいかな、何かと比べることでしか物事の意味を見出せないのだと私も思います。というか、だらんでろん様のコメントを読ませていただきそう思いました。ありがとうございます。


○wasabimoe様
「千早にとっての「春香を待つこと」が「一人で歌うことしか出来ないという独白」になることの悲しさ。でも、ちゃんと信じてた千早がいたからこそ最後に笑顔になる千早がいるんだろう。」

→「私のことを信じてください」と他人には簡単に言えるけど「人を信じる」ということは本当に苦しくて難しいことだと思います。ありがとうございました。


○sublock(さぶろく)様
「雨のエフェクトが輝いていて綺麗でした。ずっと眺めていたくなります。 窓から眺める千早にはこの雨音に二人の思い出が聴こえるのでしょうか。だとしたら、最後に雨は上がっているのかな 」

→「雨のエフェクト」はいろいろさわているうちに偶然できたものです。ちょっとキラキラしすぎの気もしますが。「最後に雨はあがっているか」ということですが、続きはみなさんの世界で作ってください。ちなみにそこまで考えていなかった私は、ラストの窓の向こうでじゃんじゃん雨を降らせてしまいました。


○wanohana様
「見蕩れるほど美しい映像を通して、胸に染み入るストーリーと突き刺さる強い思い。ステージに立つ事の確かな意味を教えてくれる。作者の手を離れて強い意思を持ってしまった作品。」

→動画を作っている間は、その作品は作り手のものだと思いますが、作り手の手を離れてしまった作品は、作り手側と見てくれる方々との間で存在し世界が広がっていってくれればいいなと思います。実際は見てくれる方々に作品を育ててもらっているのですけど。


○スパイキー様
「一周では込められた物すべてを感じきることができないが、それを感じれたときに胸にスッと入ってくる良い構成でした。見終わった後に余韻よりも、さらに考えさせられる。そんな深い作品でした。」

→二周していただいて申し訳ありません(笑)。やっぱりわかりにくかったですねぇ。こんな作品の飲み込んで考えてくれるみなさんの気持ちが深いです。


○キリコ様
「心の支えがあるから一人でも歩ける。心の支えしか無いから温もりが恋しい。強さと弱さが共にある千早。この作品には人生が映っている。ラストは夢? それとも?」

→どちらだと思いますか?答えはみなさん一人一人のココロの中にあると思います。本当に他人任せですいません。



なんとか完走しました。
本当に「文章構成が残念なP」なので、せっかくのみなさまの語りを台無しにしてしまったかもしれませんが、どうかご容赦ください。

「あっさりレビューしてみm@ster」に提出させていただき、みなさまからありがたい語りをいただいたおかげで、この作品となんとなく「和解」できたような気がします。というわけで、次回はこの作品の解説みたいなことをやってみたいと思います。


最後に、
17人の「語り部」のみなさま本当にありがとうございました。
主催のRDG(爽快P)様ありがとうございました。
そして、この動画を見ていただいたすべてのみなさまに感謝申し上げます。
ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
たっくさん書きましたなあ。ていうか自分ら長州だったのかw 冗談はさておき、縛り上手なあどげさんの100文字縛りで千早のことも春香のことも書けず、お手上げ状態だった自分の苦肉の策が多分に大失敗している件。なんかクリアレインがしっくりこない少年Pの気分をこんな形で理解することになろうとはw なんとか物語ろうとして、物語れませんでしたなあ。
 1行ずつ短くしていって答えに近づいていく感じを、プラス上から順に姿形のないものにしていって、この作品に描かれたものがすべて形のない千早の心から生まれ出て行ったもの、みたいなことを表現したつもりだったんですけど、うん、わからんねこりゃw で、結局なんとなく綺麗な言葉を並べただけに見えるという。「あっさり」なのでこれもありかと思ったけど、ナシだねこれw 何文字ならちゃんと書けるのか、ちょっと試してみる。
cha73
2009/03/20 19:59
>chaさん
いつもありがとうございます。少年Pです。
『あさm@s』であっさり語っていただきありがとうございます。100文字っていうのは語っていただく方にとって非常にきついのだろうなと思って読ませていただきました。
「クリアレイン」の解説みたいなこともやろうと思いますので、そこでじっくり語っていただけると幸いです。
では。
少年P
2009/03/21 01:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
掟やぶりの逆語り 外道ニコマスPのくされ部屋【続】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる