外道ニコマスPのくされ部屋【続】

アクセスカウンタ

zoom RSS すごい人たち

<<   作成日時 : 2009/02/14 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

「普段あんまりニコマスを見ないP」こと少年Pです。

「自分のは見てもらいたいくせに普段あんまり見ないというのはどういうことだ!」とお叱りを受けるかもしれませんが、「芯がぶれやすいP」なので、みなさんのすごいものを見てしまうと「あれもいいな、これもいいな」ってなってしまって自分がどこへ向かっているかわからなくなるので…。

新作をUPして動画を見る余裕ができてきたのでちょいと徘徊してたら「思い出をありがとうM@STER」なる祭りが開催されておりまして、限られてた条件のなかで動画を作るという、本当に厳しい祭りです。

しかし、「思い出をありがとうM@STER」に参加された皆様の動画を拝見させていただいて、「この条件でこれだけのものを作るっていうのは本当にすごいな」をただただ思いました。参加されているみなさんは、むしろこの厳しい条件を楽しんでいるようで、正直「この人たちは新手のマゾか?」と思いました。(みなさんすいません)

その中でも、特に「震えた」作品を一つ紹介させてください。








この作品は本当に震えました。というかこれで震えなかったらどうする?ぐらいです。
矢夜雨P様は技術のしっかりしているP様で、本当に「これが技術なんだぁ」と思いました。
選曲・構成・シンクロ・カメラアングルどれをとっても「すごい」という言葉以外出てきません。私のいんちきくさいものとは大違いです。
私が勝手に「師匠」と呼ばせてもらっている「ひのちんP」様のありがたい言葉

「アイドルをむやみにステージから切り離してはいかぬ」

という言葉をあらためて思い知らされました。

某方のブログで「PV系は終わった」みたいな記事を読んで、私も正直「PV系は閉塞してきているなぁ」と思いましたが、「思い出をありがとうM@STER」に参加されたみなさんの心意気というか潔さに

「まだまだいけるんじゃないか」

と思いました。某方の記事については賛否両論あろうかと思いますが、「PV系よしっかりしろよ」という叱咤激励と受け止めて精進していきたいと思います。

えーっともう一方すごい人がいます。

「見る専界で今最も暑苦しい男(女?)」cha様(おっとchaさんです。はい)のブログ記事

見る専cha73がニコマス好きな理由。1万6千字の旅 です。

思わずテキストに落としてRubyスクリプトで文字数を数えてしまいました(笑)
かなりの長文ですが、みなさんぜひ読んでみてください。きっと入信したくなりますよ。

なんかホント世の中にはすごい人たちがいます。私は「すごい人たち」になれなくても「すごい人たち」とわいわいやっていけたらいいなと思います。


今日はこの辺で。

それではまた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
女はないわーw それはいいとして、紹介ありがとうございます。

入信もないわーw それはいいとして、おもありm@sterはいいですね。

 アイデアを練る場合って、自由より不自由の方がいいこともあるというか。振りつけが限定されるおもありm@ster、10秒で勝負するMSC、テーマとアイドルが縛られるkaku-tail、映像が使えない疑似m@s、歌のないInstなど、様々な条件が無数のアイデアと名作を生み出してきましたね。これらの本当にすごい所は「ニコマスはこれだけの限定条件でさえ作品が作れる」という所です。これが全部できるジャンルなんてないでしょw 素材の多彩さもあるのだろうけど、一番の財産はやはり人的資産でしょう。脳みその数が違う。だから一方向に限定されず、多方面に広がっていく。枝は幹より細いけど、枝が伸びているってことは大きくて豊かだということ。この木何の木気になる木、ってね。

 大木を盆栽にする園芸家はいないんじゃないかな。
岡本太郎みたいな園芸家がいるかもしれないけどw
cha73
2009/02/15 02:13
どもです。
矢夜雨Pのアレはなんというか・・・・・。
軽く敗北感に打ちひしがれました。
自分の動画って比較的「思い出〜」って使ってるんじゃないかって思ってるんですが、いや・・・全然「思い出」の魅力を引き出せてないですね。
ホント、自分が作り手の立場になってから「上手いなぁ」と思う作品はあっても、良い意味でへこまされたのは少年P様の「BY THE MEREST CHANCE」と矢夜雨P様の「流星群」位です。
いやぁ、なんかやる気出てきましたよ。
POPOLP
2009/02/15 02:38
>chaさん
「木」ですか…。うまいこといいますねぇ。
ということは私たちは「葉っぱ」ですかねぇ。別に違う色の葉っぱになろうとは思いません。緑の中に赤い葉っぱがあったら気持ち悪い。
できることなら、葉っぱの一枚として「ニコマス」のにぎやかし程度になれればいいなと思います。

>POPOLP様
どんどんやっちゃってください(笑)
私はこっち側でひっそりと見てます。
POPOLP様の負担にならない程度にやっちゃってください。でも「やる気出てきた」ときは突っ走っちゃたほうがいいのかもしれませんが。
本当にPOPOLP様の「やる気出てきた」というコメントはなんかうれしいです。
ありがとうございます。
こんなところですが、また寄ってくれるとうれしいです。
少年P
2009/02/15 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
すごい人たち 外道ニコマスPのくされ部屋【続】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる