外道ニコマスPのくされ部屋【続】

アクセスカウンタ

zoom RSS 埋没作品の解説みたいなこと(その9)

<<   作成日時 : 2009/02/08 19:37   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

こんばんは、少年Pです。

「BY THE MEREST CHANCE」ご覧いただけましたでしょうか?







「まだ見てないよ」という方はぜひ一度ご覧いただければ幸いです。


それでは、恒例の「解説みたいなこと」をやってみたいと思います。


【動機】

自分でも散々やってきたのにこういうことを言うのは変だと思うのですが、「安易な演出はあんまり好きではない」のです。

この「安易な演出」というものはどういうものかというのは難しいのですが、私の作った「クリアレイン」がよい見本だと思います。なので私はこの作品はどうも好きではありません。(←「じゃあ消せば?」というつっこみはなしという方向で)
全体の構成上必要な演出やエフェクトの使用はよいと思うのですが、「とりあえずいっとくか」という感じのものはやっぱり好きではありません。

今年に入って作っていた作品も、なんか勢いのある曲で、キラキラしたりぶんぶん動いたりするようなものでした。
作っているうちに、「演出・エフェクトを使う」ということが目的になってきているような感じになってきたので、これは捨てました。

捨てた後で、「じゃあ自分はどういうものを作りたいのか?」ということを考えてみると、特に明確なものはありませんでした。

自分がMADを作り始めた頃(昨年の今頃ですが)、「自分の好きな曲にあわせてアイドル達が歌ってくれる」ということが本当に作っていて楽しかったし、見ていても楽しかったです。

それじゃ初心に帰って、曲メインの作品を作ろうと思いました。


【選曲】

以前からやってみたいと思っていたのですが、英語の歌詞とスローな曲ということで断念していた「BY THE MEREST CHANCE」を選びました。

歌詞から構成やら演出やらを考えるPとしては、英語の歌詞というのはイメージを膨らませる手段を放棄するに等しいので今までの作り方であれば絶対にやらなかったと思います。今回は、「曲と歌う」といことだけを考えればよいので思い切って選びました。

鈴木結女さんの1stアルバムからの選曲です。覚えてくれている方がいるとうれしいです。
どうも某アニメの曲とか某自動車メーカーのCMとかのイメージが強いかもしれませんが、1stと2ndアルバムは本当によい曲がそろっているので、機会があればぜひ聞いてみてください。


【構成】

「曲と歌う」ことをメインにしようと思った時点でかなり気持ちが楽になったのですが、曲はいいとして「歌う(歌ってもらう)」のほうは結構悩みました。

「歌う(歌ってもらう)」という以上、詩のないところで口が動いているのも変だし、言葉と口の動きがあっていないと不自然に見えてしまいます。

先達のP様たちの中には、うまく詩にあったようなカットを組み合わせて作っている方もいらっしゃいます。

しかし、「考えのないP」こと私は、「口の画像をあわせればいいじゃん」と安易に思ってしまいました。これが悲劇の始まりでした。

「歌なしの動画に口の動きをあわせる」といった単純な作業ですが、本当に泣ける作業でした。

全体で7000フレームとちょっとの動画ですが、口パク部分は4000フレームぐらいだと思います。
まあ、手書きの作品に比べれば楽なのかもしれませんが…。

口の動きの部分は、よく似た角度のものからちょっとずつ持ってきているのですが、微妙に角度も違ったり大きさも違ったりと本当にきつかったです。

こういったやり方は「邪道」なのかもしれません。素材を加工するのは卑怯なのかもしれません。でも、どうしても必要だからやりました。というわけで許してください。

あと、物語とか演出とかは特にありません。見ていてだるくてつまらないかもしれませんがお許しを。

初めて横長の動画を作ってみました。

今まで4:3のものしか作ってなかったのでどうしたらよいかわからないまま作りましたけどどうでしょうか?


【解説】

この動画を解説するところなどありません。「いい曲で歌っている」ただそれだけなので。

ただ、それでは寂しいので画像なぞを少し貼ってみたいと思います。

画像












イントロ部分。

「今まで生意気なこと言っている割にはキラキラしてるだろ!」というつっこみに対しては素直に謝罪するしかありません。
イントロぐらいお許しを。(間奏の部分もご容赦願います)


画像












なんか背景で動いていますが、この動画にとっては「グリコのおまけ」程度のものです。なので、形状が破綻している部分もあるのですがそんなことは全く気にしてません。


画像











「9:02pm」のイントロ部分です。本来ここは歌っていないのですが、いい振りなので歌ってもらいました。


画像












さんざん語っておきながらエフェクト使ってます。すいません。


画像












この曲にあわせるために、笑顔の部分を徹底的に排除してきたのですが、歌詞の「fall in love」のところで頬が染まるというのもいいかなと思ってやってみました。


【最後に】

なんかこう勝手なことばかり書いてすいません。このページを読んで気を悪くされる方がいらっしゃったら本当に申し訳ありません。

私の文章力では、うまく表現できなかったり失礼な言い回しになったかもしれませんが、お許しいただければ幸いです。

本当はもっと尽きせぬ思いがあるのですが、文章として表現できそうもないのでやめときます。

しばらく作るのを休もうかなと思ってます。

だめだ、お約束の「Princess TIFFA」がまだだった。ちょっと休んだら作りますよ。絶対。作らなかったら「作る作る詐欺」になりそうなので。また、エフェクトばんばん使った動画を作るぞー!!

これはこれ、それはそれです。(笑)


それではまた。少年Pでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、たろうと申します。

えっ・・・あの口ってフレーム単位で合わせこんでたの!!?!
職人肌すぐるw

個人的な見方としては、はじめの光ってる真で
おおカッコイイ!なんていうエフェクトにつられてましたが、
最後には曲を聴いていた感じになりましたね。
曲をさえぎることのない、安易ではなく自然な
演出であると感じました!GJ!

秋雨前線や春の頃から見てますけど、全体的に
埋もれすぎだろう・・・と個人的には思っております 苦笑
これからも頑張ってくださいぃ〜♪
あ、ブログリンクしてもいいっすか?
たろう
2009/02/09 09:02
たろう様はじめまして。少年Pと申します。
コメントいただきありがとうございました。
以前から私の拙い作品をご覧いただいているということで、なんかうれしいやら恥ずかしいやら…。
こんなブログでよろしければリンクはってやってください。どうぞどうぞです。
どこまでできるかわかりませんが、できるだけがんばっていこうと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
少年P
2009/02/09 21:02
はじめまして。
もう凄いとしか言えないので、お邪魔させて頂きました。口を完璧に合わせ込んだ動画って見てるだけでドキドキして、そこに真が居るように感じました。

それから昔同じ事にチャレンジしたPさんを思い出しました。sm959109(実は2007年4月29日の作品です)
その時と同じ衝撃を感じて懐かしくもあり、
嬉しくも思いました。それ以後はここまで完璧
な口パクはそうそうないと思います。
邪道じゃないですし、むしろそうありたいというか、
でも工数がと悩んで妥協している部分があります。
とても素敵な真を有難うございました。
トカチP
2009/02/09 21:31
http://imasmad.blog23.fc2.com/blog-entry-1036.html
経由で見たのですが、すごく良かったです。

Pさんのブログに書き込むことはないのですが、この動画があまりにも好みだったので。
taigo
2009/02/09 23:30
二重、いや三重、四重の意味で感激しました。素晴らしい真の姿が見られたこと、それを作ってくれたのが少年Pだったこと、そしてあなたが答えをひとつ見つけられたこと。それから、それからここに飛んできたらすでに自分なんかが何もいう必要がないほど素敵なコメントをもらっていて、言葉が見つからないこと! それもシャクだからこう言おう。いままではずっと信じて応援してきたPさんだった。でもこれからあなたは自分が惚れ抜いたPさんだ。ありがとう。今はゆっくり休んで気力を充電してください。wikiはやっておきました。そこはゆずれないもんね!
cha73
2009/02/10 04:35
はじめまして。ErolinPと言います。
少年Pさんの作品は「男」のころから観ていました。
この作品を一言で言えば、凄いとしか言えません。
リップシンクロと光の演出は・・・
観ていて鳥肌が立ちまくりでした。

しばらくお休みとのことですが・・・
充電完了したら、また放電して下さいね。(MAD制作的な意味で)
ErolinP
2009/02/10 06:53
少年Pです。本当にコメントありがとうございます。

>トカチP様
こちらこそはじめましてです。トカチP様の教えていただいた動画拝見させていただきました。L4Uがない時代に本当にすごい動画でした。それに比べれば私なんぞたいしたことはないです。本当にこちらこそありがとうございました。

>taigo様
わざわざこんなところまで来ていただいて、また、コメントまでいただいて恐縮です。作り手としては、みなさまからいただけるコメントは本当に励みになるので、作り手のブログにどんどんコメントいただけるとうれしいです。本当にありがとうございました。

>ErolinP様
はじめまして。なんか昔から見ていただいているというのはありがたいと思う反面ちょっとはずかしいです。でも本当にありがとうございます。「休む」と書いてしまったのはちょと頭が痛かったからで、またネタが見つかったらなんか作ろうと思います。「充電」とかいえるようなPではないので。
また、ろくでもないものを作るかもしれませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

>cha様
後で行きます(笑)
少年P
2009/02/10 23:08
はじめまして、新米見る専ブロガーのwanohanaと申します。拙ブログにご訪問、コメント頂きありがとうございました!そして何よりも素晴らしい作品をありがとうございました。いつもは作品投稿日から記事を書くまでに数日ブランクを作ってしまう私なのですが、即日で記事を上げずにはいられないほど心揺さぶられた作品でした。ブログにも書かせて頂いたのですが、特に静止のシーンで鳥肌が立つほど感動致しました。リップシンクロももの凄い労力で出来上がっているはずなのに、あくまで自然に見せているところが凄い。
少年Pの真は、エフェクトではなくて真そのものがキラキラと輝いている印象があります。少年Pにとっての真の存在の大切さが伝わってくるような。
これからのご活躍も、心より楽しみにしております!
wanohana
2009/02/11 08:52
初めまして。タダのファンのTomといいます。
最初、観はじめたときに直ぐにコメントをOFFにしたので、リップシンクロは殆ど意識せずに最後まで観てしまいました。口の動きがあっているとは思いましたがあまりの違和感のなさ、真に良く似た声質に何時の間にか真が歌っているようにしか聞こえなくなっていました。
そして見終わった後、アイドルという存在が本来はファンにとっては触れざるべき存在である事を意識してしまいました。神々といいましょうか。
正にアイドルのための動画。ニコマスの原点をここでも見たような気がします。
ありがとうございました。
TomF
2009/02/13 00:36
TomF様はじめまして。遅くなって申し訳ありません。少年Pと申します。
なんか本当にありがたいコメントありがとうございます。見ていただいた方がそれぞれの世界を広げてもらえるのは本当にうれしいです。
これからも何か作るかと思いますが、よかったらまた見てください。ありがとうございました。

少年P
2009/02/14 14:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
埋没作品の解説みたいなこと(その9)  外道ニコマスPのくされ部屋【続】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる