外道ニコマスPのくされ部屋【続】

アクセスカウンタ

zoom RSS 埋没作品の解説みたいなこと(その5)?

<<   作成日時 : 2008/10/11 01:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

こんばんは、「センスがわからないP」こと少年Pです。

「TeenageWalk」ご覧いただけたでしょうか?

作っておいて何ですが、今回の作品はあんまり好きではありません。あんまり思い入れがないというか・・・。

豪快に埋もれてはおりますが、前作「NextGate」のほうが自分としては「やりきった感」があります。

まあ、恒例ですのでとりあえず解説のようなことをしてみたいと思います。

(選曲について)
「MyRevolution」のコメントで「TeenageWalkも作って」みたいなコメントをいただいていたので、この曲を選択。ほかに候補もあったのですが、そのなかで曲から絵をイメージしやすかったということと、声が真にあっているということで、これにしました。
(候補には、永井真理子さんの「ミラクルガール」「ロンリイザウルス」、東京少年の「秋の夜長に」などがありました。)

(作るにあたって)
前作の反省から「制作過程の後半は必ず息切れしてしまう」ことはわかっていたので、「苦手なところ(イントロ・間奏・ラスト)」から作っていくことにしました。

画像











イントロ部分です。もうベタすぎです。


画像











雑踏部分。背景部分も自作しようと思っていたのですが、私の技術では無理と判断。


画像











涙が流れるところ。流れ落ちるスピードが速くてよくわからん。


画像











自作ステージ(?)。一度やってみたかったので。


画像











間奏部分。苦し紛れにノイズ入れてみた。センスのなさがうかがえる。


画像











うーん、どうなんでしょう。この部分は最初からイメージしていたところ。


画像











力尽きた・・・。この部分はヒドいと自分でも思います。センスねえーーー。


画像











「真実求めるココロにあるはずと」部分。本物PVのパクりですが、意外と好きな箇所です。


画像











翼を広げる部分。これも当初からイメージにあったところ。イントロ部分では閉じていた翼がここで開く。もっとうまく翼を書ければいいのですが、このあたりが私の絵心の限界です。


画像











足の影部分です。これも本物PVのパクりです。


画像











最後の「TeenageWalk」のところ。自分ではここが一番好きな箇所です。


というわけで、あんまり力の入っていない解説みたいなことでした。

「イントロ・間奏・ラスト」部分を先に作る作戦は一応機能したと思うのですが、ただ、全体的に統一感のない仕上がりになってしまったので、次回作への課題です。

次回作・・・。うーん、どうしましょう。作りかけて一ヶ月ほど放置してあるのを完成させようかなとも思っているのですが・・・。
「凛として咲く花の如く」とかもやってみたいし、師匠(ひのちんP様)が作った「Godknows」もやってみたいし・・・。

まあまあ、やわやわと作っていきたいと思います。

でわ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
見てまいりました。確かに迷いのようなものが見えるなあと。でも実際のところ5分弱という時間はちょい長めでダンスを1本通すだけでも難しいと思いますし、曲がわりと同じフレーズの繰り返しが多いのでそこも難度が高いかも。
アイマスで小室楽曲がいまひとつ人気ないのもそこに理由があるような気がしますw
手持ちぶさたな間をもたせるには、何もしないのも選択肢のひとつですね。
自分が知る中で一番間の使い方がスゴイ作品は
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2910223
です。何もしてないのに手抜きだと思えない。
止まってる絵でも意味がある、ということなんでしょうかね?
 色は、最後の空は青空のほうがポジティブなイメージできれいに〆られたかな、なんて。
 作らない人間の意見なので参考にならないでしょうが、何かヒントにでもなれば幸いです。
cha
2008/10/12 04:40
うわ、文字きれてた!
これです!
sm2910223
cha
2008/10/12 04:42
chaさんがwikiの中の人でしたかぁ。なんかホントうれしいです。(?)
chaさんからいただいたコメント、本当に何もかも見透かされているようで、ドキッとしました。
実際、約5分の曲を最後まで(ココロが折れるのを)我慢して作るのは本当にキツイですし、同じフレーズの繰り返しも本当にどうしようか頭の痛いところです。特に私は詩からしか画面のイメージを考えることができないので、はっきり言って苦痛です。(「NEXTGATE」の最後のサビ部分なんて本当に最悪です)
chaさんの教えてくれた作品見てきましたが、あの間の取り方はすごいですね。作り手側からすると「何もしない」というのは本当に勇気がいると思います。(特に私の場合、性格的に)
少年P
2008/10/12 21:12
(↑の続きです)
しかし、センスってなんでしょう?その人が生きてきたなかで、目にしたもの、体験したもの、環境、考え方、それらに左右されるものでしょうか。私もMAD作りをするようになってから、できる限りいろいろなものを見るようにしたり、普段の何気ない風景とか空の色とかを意識して見るようにしています。まだまだ精進が足りませんが・・・。
chaさんは「作らない人間の意見」とかおっしゃいますが、客観的に作品を見てくださる方々がいるからこそ、私たちのような「作り手」もがんばれるし、「次はもっといいものを作ろう」とか思うわけであります。ホント「お客様は神様です」的な気持ちです。(少なくとも私はそう思っております)
これからも、暖かくも厳しく見守っていただけると幸いです。長々と書いてすいません。では。
chaさん、投稿時間4時って、ちゃんと寝てください!
少年P
2008/10/12 21:12
寝ろと言われたので5時に来てみましたw

センスですかぁ。これはたぶん、理屈じゃないんでしょうね。直感というか、瞬間的に自分はこれが好きだ! と感じた何かを信じることなのかも。ただ、何かを左から右にもってくるだけではダメなんですよね。再現もある種の技術であり、アートですけどセンスとは違うという。(続きます)
cha
2008/10/16 05:21
(続きです)
少年Pには「独特のセンス」があると思いますよ。自分が特に衝撃を受けたのが「秋雨前線」のラストです。傘の陰からあらわれた真の笑顔には完全にやられました。誰も予想できなかったと思いますよ。こういう瞬間的な「あっ!」という場面を最大限に活かすのが構成、なんでしょうね。そして構成もまたセンスであるというw でも構成には基本があるので、学びようはありますね。本物の音楽PVなんかを見れば構成のパターンも見えてくるでしょうし、物語性のあるものなら、起承転結が基本ですし。そういうのを超越した超人もニコマスPには何人かいますけど、それはマネしようがないかとw
えこPの踵鳴るなんかなんでああなったのか全然理解できないですw
cha
2008/10/16 05:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
埋没作品の解説みたいなこと(その5)? 外道ニコマスPのくされ部屋【続】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる